お金を借りる方法いろいろ

ブラックでもお金を借りることは可能なのか?について

金融業者からお金を借りるにあたって、延滞や債務整理のほか、自己破産などを経験してしまうと、いわゆる金融ブラックに登録されます。こうなってしまうと、しばらくの間は、金融会社を新たに利用することができなくなります。返済事故の場合については、こちらは完済しても最大5年間、完済できない場合に至っては最大7年間といった長期間の間、金融ブラックとして登録されます。

また、自己破産の場合については、免責が確定してから最大で10年間もの間、登録されます。このため、その期間については、例えば緊急でお金が必要になったとしても、ローンについては利用することはできません。お金を調達することについて、非常に苦労すると思われます。しかしながら、すべての借入が不可能というわけでもないようです。金融会社のキャッシングを利用できない場合でも、ブラックでもお金を借りるには、例えば個人に頼んでお金を借りるという方法もあります。

これは特に、個人間融資と呼ばれています。家族や友人の場合が多いですが、インターネット上において、個人でお金を貸している方もいます。借入希望額や金利をはじめ、返済期間などについて交渉をしていきます。その上で可能となれば、指定口座に振り込んでもらうことになります。この場合、即日融資も可能なこともあるでしょう。しかし、金利や返済の面で、個人の契約で高い条件を提示されることも考えておいた方がいいでしょう。余程の緊急時でない限り、よくよく考えての利用がいいでしょう。また、金利が高めの設定で融資をしてくれる金融会社もないことはないです。