クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りるのは損

緊急に現金が必要になった場合には、金融機関からお金を借りることで解決することができますが、クレジットカードでお金を借りることもできます。

日常的に買い物でクレジッカードを利用している場合には、そのカードに付帯しているキャッシング枠のサービスを利用することができるのです。利用できる額は利用明細に記載されいますので確認できますが、あまり多くの額ではありません。

さらに金利はキャッシングローンよりは高い設定となっていることが多いので、利用する前にどのくらいの返済額になるのかを計算しておくことも大切です。

親や友人から借りることができればクレジットカードでお金を借りる必要はないのですが、誰にも知られたくないとか、消費者金融の利用は避けたい、金融機関に申し込みをしている時間がないという人にとっては非常に便利な方法です。

クレジットカードでお金を借りるのは、自分名義のクレジットカードに付帯されているキャッシング枠を利用して、クレジットカードの会社から借りるということです。

これは、もともと付帯されているサービスですから、緊急時に現金を用意する方法としては全く安全な方法なのです。

しかし、現金化という方法はクレジットカード会社とは関係のないサービスです。

ショッピング枠に対してキャッシング枠の上限は低い設定になっていますので、ショッピング枠に余裕のある人で現金を必要としている人が、このような方法に手を出してしまうことがあります。

しかし、冷静に考えれば得な方法とは言えませんし、危険なのでできれば利用しない方がよいでしょう。